YouTubeの歴史や普及した理由とは?

YouTubeの歴史や普及した理由とは?

ステルスYouTuberとして副業を始めることができるようになると、YouTubeの歴史や普及した理由が気になってきますよね。

そこでYoutubeがどんな風にでき、どのように普及したか考えてみたいと思います。

【公式】
YouTubeアカデミーHP
7日間無料講座はココ!

YouTubeの始まり

今では誰もが知るようなサイトですが、当然そんなYouTubeにも始まりのストーリーが存在します。

YouTubeの創業者は元PayPalで働いていたジョード・カリム、チャド・ハーリー、スティーブ・チェンの2人です。

彼らは2005年にカリフォルニア州のサンマテオの日本食レストランの2階に初めてYouTubeを創業したそうです。

YouTubeが始まった当時、インターネット上には写真を共有するサービスは存在していましたが、ファイルサイズが大きく、メールで送りにくい動画の共有サービスは無かったようです。

そんな状況の中で、無料で再生時にCMが表示されることもなく、特別な再生ソフトを必要とすることもない、画期的なYouTubeが始まります。

さらにそのシステムを全て自前で構築することで、低コストを実現することができていたそうですが、成長を増していく上でサーバー回線のコストが問題となっていきます。

そして様々な経緯を経て、Googleからのオファーを受けて2006年に約16億5000万ドルで買収に応じたという流れになります。

ちなみに気になる最初の動画は「Me at the Zoo」というタイトルで、ゾウを前でチャド・ハーレーが話しており、気軽にアップできるYouTubeの特徴を現しています。

YouTubeとテレビの違いについて

暇な時間に気軽に観れる娯楽として、これまではテレビが中心だったのは言うまでもありません。

しかし、最近では若者のテレビ離れが進み、YouTubeがあればテレビはいらないと思っている人もいるんじゃないでしょうか。

YouTubeとテレビの違いはどんなところがあるのかみていきたいと思います。

コンテンツの量の違い

テレビの場合は放送枠1日24時間という枠があり、少ないコンテンツでできるだけ多くの人に訴求しなければいけません。

こういった制限がある場合、人が興味を持ちやすいものに偏ってしまい、可もなく不可もなくという内容になってしまいます。

しかし、YouTubeは投稿者が無理に幅広い視聴層にアピールする必要がないため、多種多様なコンテンツが貯まっていく土壌ができています。

そのため、視聴者はテレビのように何となく流し見するのではなく、自分の興味に合ったものを楽しむことができるようになっています。

しかし、膨大な量のアップロードを可能にするには、世界中のあらゆる場所にコンテンツを格納し、配信速度を改善していく必要があります。

そのためには多額の費用がかかるということも、知っておいて損はないかもしれません。

開かれている分野

テレビは限られた人しか出ることができず、憧れも感じる部分もありますが、生活とは遠い場所に感じます。

ところがYouTubeはどんな人でも参加することができ、面白いアイデアを持っている人であれば人気を得ることができます。

こういった開かれた分野だからこそ、クリエイターを身近に感じることもでき、生活の1部になりやすいのではないかと思います。

また、テレビは自宅以外で観る機会が少なく、YouTubeはスマホ1台はあればどこでも観れるというのも普及した理由の1つだと言えます。

広告収入の魅力

観る側が楽しめるコンテンツを継続的に提供するためには、動画を配信するクリエイターの存在が重要になってきます。

もし仮に広告収入が無かったら、おそらくほとんどの人は動画配信なんてしないんじゃないでしょうか。

芸能人も参加しているという流れを考えると、成功すればテレビの出演料のギャラとは比べ物にならないくらい収入を得ることができると言えます。

これからはテレビに出る必要性を感じないと思う人も増えてくるかもしれません。

昭和の時代から大きな影響力を持ち続けてきたテレビも、時代と共にその在り方が変わってきていると言えるんじゃないかと思います。

YouTubeは多くの人の生活の1部になっている

YouTuberが「小学生がなりたい職業」の上位にランクインしたことに驚いた人もいると思います。

大人から考えたら違和感を感じるかもしれませんが、子供にとってはスポーツ選手も人気YouTuberも同列なのかもしれません。

空いた時間があればついついYouTubeを観ているという人は、それだけYouTubeが生活の1部になっているということが言えます。

若い人の心を掴んでいるということは、今後ますます将来性が期待できるということです。

そういった分野でステルスYouTuberという副業ができるということは、どれだけ恵まれているか改めて感じることができますね。

【公式】
YouTubeアカデミーHP
7日間無料講座はココ!
TOPページを見る